緊急でγ-gtpを下げたい方

 

いきなりですが、残念なお知らせです。1週間程度の短期間ではγ-gtpを劇的に下げることは不可能です。

 

・・・

 

・・・

・・・

 

はい。でも事実です。

 

 

なぜならγ-gtpを始めとする肝臓数値には「半減期」というものがあるからです。半減期とは文字通り、その数値が半分になるまでの期間のこと。

 

γ-gtpの場合「2~3週間程度」とされています。

 

 

 

しかも、この「2~3週間という期間」

 

  • アルコールを一切摂取せず
  • 栄養管理・適度な運動も行い
  • スペシャルな対策をした上で

 

このような厳しい管理をしてこそ、初めて達成しうる半減期の値。

 

 

そう簡単に、γ-gtpは下がらないのです・・!

 

ですから、このページを見る価値がある方は

 

  • 今回健康診断で「肝臓数値が基準外」だった
  • そして、次回検診までは、数か月の時間的猶予がある
  • 長い目で見て「数値改善」できれば良い

 

 

γ-gtpを下げる方法3選

 

 ①運動

 ②栄養

 ③休肝日

①運動は有酸素運動(心拍120程度を保ち行う)

②栄養は、タンパク質・ビタミン・ミネラルが肝臓の助けとなります。

③最低週1回の休刊日を設ける。

 

えっと、、結構大変なんだけど?

 

運動は意識的にやる必要があり、重い腰を上げるのは中々大変なこと。休肝日なんて果たして作れるか・・・?

 

という方でも、食事・栄養面であれば、少し気を付けるだけで十分有効な対策となり得ます。

ですから、最低限やっていただきたいのは、栄養管理です。

 

・・・

 

ところで、昔の人は深酒した翌朝「しじみ汁」を積極的に食べていたことをご存知ですか??

あれには、きちんと理由があって、しじみには肝臓に優しい成分が豊富に含まれているのです。特にタンパク質(アミノ酸)の一種「オルニチン」という成分。

 

肝機能をサポートしてくれる「γ-gtp対策」には心強い味方となる成分です。

 

オルニチンをたくさん含む食材は?

 

オルニチンですが、食品からは十分摂るのが難しい成分なのです。

 

オルニチンは、1日400mgほど摂取するのが望ましいとされていますが、

 

しじみ35個でも10.7-15.3mg程度の含有量、つまり1500個以上食べないとなりません!

 

オルニチンを豊富に含む食材リスト↓

(出典:協和発酵バイオ株式会社

 

さらに、

しじみは、肝機能の保護を助ける「ビタミンやミネラル」を豊富に含んでいます。

 

これらの栄養素は水に溶けないものが多く、味噌汁のだし汁を飲むだけでは体内に摂取することができません。

 

ですから、オルニチンだけでなく「しじみの栄養素を全部摂取する」のであれば、身まで全て食べる必要があります。

 

オルニチンをサプリで摂るには?

 

有名どころで言うと、DHCのオルニチン。

アマゾンで、「30日分・1000円程度」で購入できます。

 

それから、協和発酵バイオのオルニチン

こちらは、公式サイト経由であれば、15日分で500円で購入可能!

 

でも思い出して欲しいことが!

 

肝機能対策には重要な成分は「オルニチンだけではない」ということ!!

ビタミンミネラルの手助けがあって、初めてオルニチンの実力を発揮できるのです。

 

そして、もし脂肪肝対策もしたいのであれば、タコなどの頭足類に多く含まれるタウリンも大切です。

 

 

ここまで述べてきた「大切な成分」をまとめてみると。

  • オルニチン
  • ビタミン
  • ミネラル
  • タウリン

 

これらの成分を、個別に食品から摂取するのは大変なこと。

 

一度にまとめて摂れれば、最高の対策になりますよね??

 

 

・・・

 

・・・

 

 

そして、発見しました。

 

 

全部まとめて1つの粒に凝縮した商品が。

 

それが、レバリズムL。γ-gtp対策の唯一無二のオールインワン商品。

 

 

とにかくγ-gtp対策・脂肪肝対策に特化した成分内容になっているので、ご自身でHPを確認してみて下さい

 

以下のキャンペーンサイトで、期間限定980円から始めることができます。
↓↓↓
>>レバリズムLキャンペーンサイト

 

※※リンク切れの場合、キャンペーン終了です。予告なくキャンペーン終了する会社なので、ご注意を。